Google+ Badge

2008/07/18

天井にベニヤ貼り

東京へ帰宅した23日の後も、なかなかツリーハウスに手が掛けられない。少し時間があったので、天井の天辺に通気ファンを取り付けてみた。これで屋根材と後日貼る天井のベニヤ板の間の空気の循環が良くなる、・・・気がする。









ところで今日も蒸し暑い日だ。

午前、ずっと以前(屋根取り付け時)に用意してあった2mm厚の薄いベニヤを貼ってみた(1.8x0.9mx5枚使用)。これで屋根シートから突き出ていた釘先が隠れ、将来孫たちがロフトに上っても安全だ。でも反面、波板状の黒色ルーフィングシート(屋根材)がツリーハウス内から見えなくなった分、デザイン的に悪くなった気がする。はずそうかな。思案中・・・

ベニヤは安っぽく、私の嫌いな材料ではある。でも今回天井に貼った利点は、1)釘先隠し、2)台風時のルーフィングシートへの風圧軽減(シートが釘から抜けるかもしれないので、これ大事かも)、3)もしルーフィング釘部から水漏れがあっても、直接落ちてこない(これは今のところないようだが)、と思ってのことだが。今日発見した欠点は、ツリーハウスの頭が重すぎる、ように感じられる点で、デザイン的にはスッキリしない (写真の比較では、この感覚はわからない)。





午後2時ごろ、雷と大雨、ツリーハウスの様子を見に行った。すごい大雨のため、ツリーハウス内は予想外のプール状態。ツリーハウス前後の屋根にあまり出っ張りがないため三角部からの雨の吹きこみや、デッキ床や周りの木の葉っぱからの雨滴の跳ね返りなどのためだ。床や昨日作った椅子などびしょ濡れ状態、これではまずいなあ。片面塗装のコンパネ床材もこれでは水分を吸って長持ちはしないだろう。ツリーハウス周りをできるだけオープンするのもいいが、なにか対策が必要だ。たとえば日ごろは巻いておいて、大雨のときだけ簾(スダレ)のようにビニルシート(1.8x1.8m)を各コーナーに下ろす。100円ショップものだと安くて簡単でいいけど、安っぽいかな(今までの作業中時折、1面だけ付けたことがあるがとても便利ではある:7月9日の写真)。



雨の中、午後早いというのに暗い。で、照明をつけあちこちから写真を撮ってみる。天井の見栄えはどうかな。林の中にポツリと浮き出る小さな小屋のイメージで、まあまあだ。元の黒い天井の場合は、こういう場合どう見えるかな、もっと良いのか悪いのか・・・、うーん想像できない。で、午前中天井に貼ったベニヤをはずすのはそう慌てず、しばらく様子見としよう。



ポチっと応援よろしくお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプ・オートキャンプへ
にほんブログ村





0 件のコメント:

人気の投稿

Page View (in one month)

Translator

↑Translate from Japanese to other languages.


「さようなら」の前に、(Before "good by" , to:) にほんブログ村 その他趣味ブログ 日曜大工(趣味)へ